Date Category トピックス.

OpenVPN2.5のリリース候補(RC)版が公開されました。主な変更点について説明します。
変更点はOpenVPNの公式Changes.rstにまとめられています。

  • クライアントごとの tls-crypt キーの対応
  • データチャネル暗号化ネゴシエーションの向上
  • デフォルト構成での BF-CBC サポートの削除
  • プラグインやスクリプトでの非同期処理のサポート
  • IPv6専用モードのサポート
  • Wintunデバイスのサポート
  • 一部機能の廃止

Wintunデバイスのサポート

Windows版OpenVPNでの大きな変更点として、Wintunデバイスへの対応があります。

Wintunは、もともとはWireGuard向けにオープンソースで開発されているレイヤー3 TUNドライバで、これまでOpenVPNで使用していたTUN/TAPドライバと同じ位置づけになります。昨年、非公式にOpenVPNへの組み込みが実装されていましたが、OpenVPN 2.5から正式に組み込まれました。

今まで使用していたTUN/TAPドライバも利用できますので、どちらかを選択して使用することになります。

Wintunデバイスを使用する場合は、設定ファイルに下記の記述を追加します。

なお、WintunはTUNモードでのみ使用できます。TAPモードでは使用できませんのでご注意ください。

windows-driver wintun 

対向側は設定変更の必要はありません。

開発者メーリングリストでの情報によると、Wintunに切り替えることでかなりの高速化が見込めるようです。

Server – openvpn 2.4.4

tap-windows6: 390Mbit/s

wintun: 730Mbit/s

 

Server – openvpn3 with kernel acceleration

tap-windows6: 405Mbit/s

wintun: 1.05Gbit/s

OpenVPN 2.4から2.5へのアップデートでは、インストーラやサービスも変更されています。
バージョンアップに伴う動作の変更点もあるため、実働環境ではなく、試験環境へのインストールをお勧めします。