Date Category ニュース.
Pocket

2015/6/8にOpenVPN 2.3.7がリリースされました。

今回は比較的変更点が多くなっています。主な点は以下のとおりです。

  • llumos/Solarisプラットフォームでデフォルトゲートウェイが設定できない問題の修正
  • autotools: ./configureヘルプで表示されるデフォルト値の修正
  • down-root プラグイン
    • system() による呼び出しを execve() に置き換え
    • エラーメッセージの調整
    • コンパイラ警告の修正
  • ソケット:  –tcp-nodelayの制約の除去
  • pkcs11: デフォルトでp11-kit-proxy.soモジュールを読み込むように調整
  • TLSバージョンのネゴシエーション機能を再度有効化
  • link-mtuに関連した変更に伴うpeer-id処理の調整
  • irouteオプションでのget_ipv6_addr()の使用法の修正
  • シグナル受信時にopenvpn_getaddrinfo()からEAI_SYSTEMを返すように変更
  • openvpn_getaddrinfo()でEAI_SYSTEMの代わりにEAI_AGAINを使用するように変更
  • res_init()呼び出しをopenvpn_getaddrinfo()ループ内に移動
  • FreeBSDでsubnetトンネルを使用する際のifconfigを修正
  • –dev tapモードでの–redirect-privateを修正
  • –up-restartの環境変数にifconfig_を追加
  • connection_listコンテキストでのmssfixのデフォルト値の修正
  • ‘–cipher none’の修正
  • cryptoapicertが使用されているときにtls-version-maxを1.1に
  • フレームサイズ計算時にpeer-idを考慮
  • non-CBCモードでのフレームサイズ計算の修正
  • CN/ユーザー名を64文字まで可能に(Off-by-oneの修正)
  • 接続時(再接続時)に必要な場合にauth-user-passファイルを読み込むように調整
  • cryptoライブラリの初期化前にdaemon()を呼び出し
  • その他バグフィックス
  • マニュアルの改訂

すべて変更点については原文 Changelog をご参照ください。

最新版はダウンロードページからダウンロードできます。